セールスフォースのオブジェクト

セールスフォースのオブジェクト

「取引先名」、「連絡先電話番号」、「取引先の責任者」、「事務所の所在地」などが考えられます。「取引先」を表すための情報の構成要素をあらかじめ金型の「型」のように決めたものを「オブジェクト」と呼びます。

「オブジェクト」とは情報の塊を1つの型として定義したものです。また、業務に合わせて独自に「オブジェクト」を作成もできます。

たとえば取引先といったときそれを表す情報には如何いったものがあるでしょうか。「オブジェクト」には「取引先」のほか、「商談」「活動」「ケース」など営業支援ツールとして思いつくものから「ドキュメント」「アイデア」「ユーザ」などシステム上利用するさまざまな情報があらかじめ用意されています。

「項目」は「取引先名」など項目の画面上の名称である「項目名の表示ラベル」と、実際にシステム上で利用される「Name」などの「項目名」、その値が文字列から構成されるか数字のみで構成されるかなどを表す「データ型」という情報から構成されます。(カスタムオブジェクト)「オブジェクト」を構成するそれぞれの要素を「項目」と呼びます。